不用品回収と行政の違いって?

今回は難しい話は別にして不用品回収の業者と行政の違いを比べてみましょう。
と言っても大きな違いは料金、手軽さ、そして捨てられる物の種類だけに留まります。
■不用品回収の方が手軽にゴミを捨てられる
不用品回収の業者に頼めば、申し込みをしたら後はトラックでパパッと不用品を回収して作業終了です。
依頼者は何もしなくて良いので、手軽さを取るなら業者の方が圧倒的に優れています。
行政はどうしても自分でシールなり専用の袋を用意したりする必要があるので、それなりの手間がかかります。
■値段の違いはピンキリ?
単品で考えれば業者の方が安く引き取ってくれるのですが、かと言って必ず業者が安いとも言えません。
物によっては行政の方が安く済む場合があるし、不用品が少量ならトラックを呼ばず行政に頼んだ方が良い場合があります。
確実にどちらがお得とは言い切れないので、不用品の種類によってどちらにするか決めましょう。
ただ、不用品が多いならトラック詰め放題サービスなどを利用出来る業者の方が安いです。
■業者では捨てられない物がある
業者は産業廃棄物や危険物を扱えないケースが多く、そういう物は行政なり別の機関に頼まないといけません。
もちろんそういう物を扱える業者もありますが数は少なく、地方だと近くに産業廃棄物などを扱える業者が無い事も考えられます。
基本的にどんな物でも捨てられる利便性があるのは行政と考えて良いです。
■まとめ
総合的な安さと手軽さならやはり業者が一歩リードしているでしょう。
ただ、業者では捨てられない不用品などがあるなら、さっさと別の機関に頼んで捨てた方が効率的です。
でも一般家庭で業者が扱えない不用品が出る事は稀だし、大多数の人たちは業者に頼んだ方がメリットは大きいと考えられます。

関連する記事